エクスプラストイズ ギガンティックシリーズ : ロールちゃん


ギガンティックシリーズ ロールちゃん 画像

春真っ盛り。
difeetだよ。
さて、最近はフィギュア撮るにしてもアイマスシリーズのキャラクターばかりだっので、たまには他のジャンルのキャラタクターも見てみたくなるよね。 いや、なるんだよ。 という事で、今回は先日XPLUS TOYSさんから発売された、ギガンティックシリーズよりロールちゃんのレビューをお届けしようと思うんだ。 何を隠そうこのdifeet、アイマスシリーズよりもプリキュアシリーズよりも前から、ロールちゃん大好きおじさんだったりするんだよね。

コトブキヤ プラキット ロールちゃん

もちろんコトブキヤさんのプラキットロールちゃんも買ったんだ…。 撮影日時を見ると、2013年の4月2日という、奇しくも今回のレビューのほぼ3年前だったんだね。
あの頃は撮影方法とか全然わからなかったけど、とにかく好きだから撮りまくったよね。 (今もあんまりよくわかっていない)

DSC00917

今回こうして再びロールちゃんが立体化された事に、人知れず一人、ひどく感動していたりするよね。


さて話を戻して。
ちなみにこの”ギガンティックシリーズ”のフィギュアを買うのは初めてなんだけど、”ギガンティック”と言うだけあって、でかい
間違いなくdifeetの家にいるフィギュア達の中で、一番でかい
そして大きいだけあって、その可愛さも比例して大きくなっているんだ。
手っ取り早く大きさを把握してもらうために、まずは比較画像を見てみようよ。

ロールちゃん 大きさ比較

おわかり頂けただろうか。
500mlのペットボトルより頭二つほどでかいんだぜ!

商品詳細
発売元 X-PLUS TOYS
発売日 2016年03月
スケール 全高約30cm
作品名 「ロックマン」シリーズ
価格 8,800円 (税別)
仕様 PVC(ソフビ)製塗装済み完成品

もう多くの言葉は必要ないね。

あとは写真で語るから、読み取り、そして感じ取ってよ。 愛を
じゃあさっそく見てみよう。
春のロール○ンツ祭りだShow time!

Rock you, Roll me.

ロールちゃん フィギュア

なんというかもう、全身からにじみ出る抗えないほどの可愛さに悶絶するよね。
御覧の通り塗装はやや光沢のある仕様なので、写真を撮るときにどこのツヤを消そうか迷ったよね。
材質はPVC(ソフビ)なので、思ったほど重くはないよ。

正面

左斜め前

左側面

まずはお顔から。
ないしょだよ♥」と言わんばかりに口元へ添えられた一本指といたずらっぽい表情が、色々と俺の中に眠っていた何かを呼び起こす。
お顔だけ見ても、再現度の高さがうかがえるよね。 「こんなんロールちゃんじゃねぇ!」とは言わせないよ

俯瞰右後方

俯瞰左斜め前

ロールちゃんのアイコンと言えば、黄色い髪色に緑のリボン、そしてなによりこのポニーテールだよね。
彼女にも色々なヴァージョンが存在しているけど、やっぱりこの容姿(8ver?)が一番かわいいと思うんだ。
トップに若干の分割線が見えるけど、機械だからしゃーない

胴回り

シリーズ共通の赤いワンピースも、ロールちゃんをロールちゃんたらしめているファクターの1つだよね。
そのサイズで大丈夫!? もうワンサイズ大きいの着た方がいいんじゃない!?」と思わせるほどのスリリングなサイジングも、見逃せないよ!

俯瞰おしり2

俯瞰おしり

あぁっ! 言ったこっちゃない!
大きいボディにちっちゃなおしりの流線美が映える映える。
真後ろからの写真はもうちょっと待てよ。
…それはそうと、ちょっとホコリが目に付くね。 (取るの忘れた)

ロールちゃん 膝裏2

ロールちゃん 膝裏

ちょっとキワドイ角度の写真が多いけどごめんね!
膝裏は是非見て欲しいポイントの1つ。
ここは数少ない肌色ポイント…つまり貴重なオアシスなんだ。
もちろん参考資料として保存するもよし、スマフォの待ち受けにするもよしだよ。

ロールちゃん 靴2

容姿や身長だけ見ると際立つ、ドムのようにゴツいブーツ。
パッと見すごいボリューミーだけど、ミスマッチではないんだ。
そしてこのドムブーツのおかげで、非常に安定した立ち振る舞いをしてくれるよ。
ちょっと小突いたくらいじゃ全然倒れないんだよねさすがロールちゃん

ロールちゃん 靴

ちなみに、足元のオブジェクト的なモノには半透明のパーツが使われているよ。
細かい所だけど、こういうちょとした装飾でも、見え方や完成度も変わってくるんじゃないかな。

待たせたな! いや本当に!

ロールちゃん パンツ

ギガンティック ロール パンツ

ロックマン ロールちゃん パンツ

ロールちゃん フィギュア パンツ

ギガンティックシリーズ ロール パンツ

いつもならさ、こう、服の隙間を縫って、ほんの数ミリチラッ★と見えるパンなツーを命からがら撮っているんだけど…今回のはなんだこれ。
正直レビュー中にいっぱいパンツ写りこんじゃって、むしろ隠れるようなアングルばっかり探していたんだ。
だからと言ってがっかりしたわけではない、勘違いしないでくれ。
見てみろよ、この堂々としたパンツを。
いやらしさのグラフを突き抜け、もはやすがすがしくもあり、時に情けないようで たくましくもある
このロールちゃんの予約が始まった頃は正面の画ばっかりだったから、後ろからの写真が気になっていた御仁も多かったんじゃないかな?
そんな欲求も、difeetは撮る事によってスッキリ、読者諸兄は疑問が解けてスッキリ。
ロールパンツによって、ストレスフリーな社会が今ここに、実現したんだ。
ありがとうございますありがとうございます!


あとがき

さて、今回のギガンティックシリーズロールちゃんのレビュー、如何でしたでしょうか。
difeetもパンツ成分が補充できて、かなりほっこりしているんだ。
眼福眼福。
最近は結構フィギュアレビューを立て続けにしていたので、ここら辺で小休止かな。
次に予約しているフィギュアが届くのは5月~6月くらいだからね。 それまではまたB2Tやらお散歩写真で希釈希釈で薄めていくよ、寿命を。
ではまた。


関連リンク
XPLUS TOYS
CAPCOM:ロックマンシリーズ公式サイト