フィギュアレビュー:ミメヨイ アズールレーン バッチ


あと一ヶ月で来年って本当ですか。
difeetですか。

さて、今回は約七ヶ月ぶりにスケールフィギュアのレビューをしちゃうんだね。
発売から半年以上経っているんだけど、「せめて今年買ったフィギュアは今年中にレビューしたい…」と重い腰を上げて筆を取ったんだ。
という事でミメヨイさんから発売された、アズールレーンの「バッチ」をみんなでよく見てみようってお話だね。

ちなみにアズレンフィギュアのレビューは初!
普段アイマスフィギュアの写真ばっかり撮ってるdifeetにとってはなかなか新鮮だったんだ。
今後も気になるキャラがいればスポットで買ってみようかな。

ではShow timeだ


ちっちゃかわいい!
キャラは全く知らないんだけど、風体から漂う○スガキ臭
これで清楚キャラってことはないよね…?
なんかこう…「ざぁこ❤」とか言いそうな感じなんだ。


六千年前くらいから言ってるけど、瞳の中にアイコンがあるキャラは大好きなんだ。
今回バッチをお迎えしたのも8割型このせい。
さらにω口に八重歯と好みの条件が揃ってやがる。


帽子はマグネットで着脱可能。
前頭葉部にはハイライト表現されているね。
二次元っぽい表現にしてあるお陰で、幼いイメージにぴったりなんだ。


お胸は容姿に見合った、こぢんまりとした大きさ。
ちょっと先端が尖っているような気もするけど…ちゃんとアンダーウェアはつけなさいね。
よくよく見たらエライ格好だな。


この破けたデニムの質感が…とカメラを向けるとなんかはみ出してた。
デコマス展示の時からチラチラ見えていたけど、まさかこのまま出てくるとは。
ここまでくるとわからせるか、わからされるか、命のやり取りになってしまう。
どっちないんだい!


脚はアシンメトリーなデザイン。
ルーズソックスに網タイツと思いきや絆創膏。
…ギャルか!?
いや嫌いじゃない。

ちなみにジャケットは控えめにパール塗装がされてるよ。
ちょっとプリズムっぽくもあるかな?
ど派手な幼女にゃあぴったりのジャケットだ。


台座はアクリルに底面印刷した豪華仕様。
箱を持った時「あれ? なんか思ったよりずっしりくる…」と思ったらこの台座が重かったんだ。
重量があるぶん安定感は抜群。
ヴィネットやジオラマで魅せるフィギュアが増えている中、やや外連味に欠ける立ち姿の台座としては一つの完成形ではないかとも思えてくるよ。
最近では個人制作のガレージキットでも使っている人を見るので、このタイプはぜひ流行ってほしいね。


という事で駆け足ながら今回のレビューは終了。
まだブログに上げてないガレージキットの依頼撮影分がいっぱあるので、なんとか今年中にやっつけたい所存なんだ…
ではまた会いましょう。

メーカー ミメヨイ
(MIMEYOI)
商品名 バッチ (TF edition)
作品名 / 原作名 アズールレーン
(Azur Lane)
発売時期 2023年2月
価格 13,750 (税込み)
サイズ 1/7スケール (全高:約225mm)
原型 jarel
制作料力 株式会社CREAME
彩色 星名詠美

メーカー:ミメヨイ (@mimeyoi_inc)
原型:jarel (@_jarel_)
彩色:星名詠美 (@hosshipocchi)

created by Rinker
¥24,800 (2024/04/24 12:05:31時点 Amazon調べ-詳細)

コメント