デコマス撮影:リコルヌ 双葉杏 / 諸星きらり あんきら!?狂騒曲 ver. と撮影あれこれ


めちゃめちゃ久しぶり。
difeetなんだけど。

まず最初に、アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ7周年おめでとうございます!!
あとあんずちゃん、きらり、お誕生日おめでとうございます!!

そしてツイッターではすでにお知らせしたんだけど、私事ながらこのたびリコルヌ様より発売予定の
「双葉杏 あんきら!?狂騒曲 ver.」と「諸星きらり あんきら!?狂騒曲 ver.」のデコマス撮影を担当したんだよ!
マジかよ! マジだよ!

まさかそこらの小市民で一般人のdifeetが、ほんの小指の先ほど1mmくらいだけどアイドルマスターシリーズというコンテンツに恩返しできたのが本当に本当に嬉しいんだ…
なんかこう、趣味でひたすらにフィギュアの写真を撮ってたけど「撮ってて良かった…続けてて良かった」と思えた瞬間だったよね。
去年あみあみさんでガラス越しにサフ原型の展示品撮って興奮していた人間がそのデコマスを撮るなんて、想像できないよ…

展示撮影:あんきらとデレマス✕atreコラボなど

本当にもう夢のようなお話だよね。
夢みたいに綺麗で泣けちゃうよね。

一ヶ月くらいの間、仕事帰りにホームセンターに寄って背景の材料選んだり、100均行って使えるものがないか探したり、色々と発注したり。
慌ただしかったけど、あれもこれもアイドルを輝かすためのリアルプロデュースだと思えば楽しかったよね。
ある意味本業じゃないからこそ、ここまで集中して突っ込めた感はあるような気がするよ。

とまぁ限界お気持ちおじさんは置いておいて、数点写真を見てみようよ。


もう言葉はいらない…
TLに自分の写真が流れてくるたびに、「もっと拡大して見てもいいんだぞ!」とキレ散らかしていたよ。

ちょっとした撮影の裏話とか

人生初のアイドルマスターシリーズの正式なデコマス撮影という事で、それはもう気合い入りまくり
あんずchangに合う雰囲気は…きらりに合うカラーリングは…なんて事を本業の普通の仕事中に考えながら、少しずつ物を集めて始めたんだ。

デコマス撮影が決まった時から、二人が着けている”A”と”K”のアクセサリは絶対に作ろう! と意気込んでいたんだね。
イニシャルのアクリルキーホルダー(既製品)を買って、100均ででテグスとかビーズとか金具とか買って、ラッカーで塗装して…。
意外と時間がかかったよね。
イニシャルのアクリルキーホルダーは裏地に立体の模様が入ってるので、”K”はどうしても裏返しにしなきゃならなかったんだ。
中々うまくいかないもんだよね。


こちらは”ファンシー グッズ”みたいなワードをひたすら調べていたら見かけたフォトアルバム。
ひと目見て「これは(カラーリングとか)きらりにぴったりだ…!」と興奮したものの、手がかりはこのアルバムがちょろっと写っている誰かの部屋写真だけ。
なんとかその写真を拡大したり柄で検索したりして、執念で探し出したんだ。 (あとで知ったけどdifeetがファンシーだと思って探していたものは、どっちかというと”ガーリー”というジャンルだったらしい)

ちなみにこれはMARK’Sというメーカーのコルソグラフィアというフォトアルバム。
difeetが使用した型は人気なのか軒並み売り切れていたので、メルカリに出品されていたものを買い占めた

ちょっろっと写っているマニキュアも雰囲気で選んだもの。
Amazonでリボン部分がネイビーのものとピンクのものをそれぞれ注文したんだけど、ネイビーが2つ届いたので諦めたよ。
なお撮影では使用しなかった。

その他にも買ったけど使わなかったものは数知れず…。
まぁほかの撮影で使える(かもしれない)ので、先行投資ということで納得したんだ。


そしてこのステージよ。
こちらも撮影が決まった時から、「とりあえずステージに立たせたい!」と猪突猛進だったんだね。
とは言ったものの、材料どうしようとか寸法どうしようとか問題ばっかり。

そもそもこんな大掛かりなものを造るのは小学校の図工以来なので、もう本当にどうしようか悩んだよ…。
結構ギリギリまで細部が決まらず何度か諦めかけたけど、そのたびに心の中の鬼プロデューサーが
オメーの手抜きでアイドルの晴れ舞台が台無しになったらどうすんだアァゴラ!?
と激励してくれたんだ。(パワハラだったかもしれない)

最終的には使用するか悩んだLEDライトも前日に届き、なんとか本番当日を迎えられたんだね。
変な方向に苦労したもんだから、撮影中に「もっと背景写したい…地面の可愛い柄も見てほしい…」と何度か出してはいけない欲が出てしまったんだ。
その度にすかさず心の中の鬼Pが
ステージのためにアイドルがいるんじゃねぇ…アイドルのためにステージがあるんだ
と安西先生みたいな感じの事を言ってくれたんだね。

という事で、久々に家でこのためにセット組んだので細部を見てみよう。

使用写真ではほぼ写っていないけど、足元はこんな感じの模様だったんだ。
色もポップでイメージにぴったりだったんだけど、見えないものはどうしようもないじゃない?

ステージをキラキラ反射させたかったので、階段から壇上まですべてアクリル板で覆った。
既製サイズではなかったので、「アクリルショップはざいや」さんで全てオーダーメイドしてもらったんだ。
LEDが反射していい感じになったかもしれないね。

階段の柄は小さいしたぶんボケて見えなくなっちゃうと思ったけど、それでも鬼Pの言いつけ通り手を抜かずに仕上げたよ。
100均のマスキングテープを2段に張って、(ここにも光沢が欲しかったので)その上から厚めのビニールテープを貼ったんだ。
想像で「こうしたら良いのでは…?」が上手く行った時は、思わず鬼Pもにっこり。

全体ではこんな感じ。
背景のユニコーンとかはもちろん商用利用可能な物を使っているので安心なんだ。

スケールフィギュアならライブスタジオ、ねんどろいどとか小さいものならライブホールくらいの感じが出るかもね。
今後活用できるかどうかが課題だ…。


という事で、これにて全てのプログラムが終了したよ。
もちろん写真の使用許可は頂いているけど、詳細な製品写真はリコルヌ様のサイトに余すところなく載っているので、是非是非見てみてほしいよ。
先日予約も始まったので、気になったPちゃんは無理のない範囲で予約しよう。
あとはアイドルマスターシリーズと、私を頼ってくれたリコルヌ様に最大の感謝を…

これにてdifeet的大仕事も終わったので、溜まりに溜まったフィギュアレビューやらイベントレポートも少しずつ再開していこうと思うよ。
という事で、今後ともよろしくお願いいたしやす。

商品名双葉杏 あんきら!?狂騒曲 ver.
諸星きらり あんきら!?狂騒曲 ver.
作品名 / 原作名アイドルマスター シンデレラガールズ
発売時期2023年4月予定
価格双葉杏 28,600 (税込み)
諸星きらり 27,500 (税込み)
サイズ双葉杏 1/7スケール 全高:約200mm (台座含む)
諸星きらり 1/7スケール 全高:約235mm (台座含む)
原型杏奈 (リコルヌ)
彩色星名詠美
ディレクションFio (リコルヌ)
PKG等デザインTACO☆CAT

リコルヌ様 製品ページ

双葉杏 あんきら!?狂騒曲 ver.  | Licorne
リコルヌ
諸星きらり あんきら!?狂騒曲 ver.  | Licorne
リコルヌ

ご予約始まっております!

あみあみ

Just a moment...
Just a moment...

DMM

アイドルマスター 双葉杏 あんきら!?狂騒曲 ver.
ユニットフィギュア化第4弾は『HappyHappyTwin』。 ステージで元気にパフォーマンスする姿を衣装や小物、アクセサリーに至るまで、ハピハピに再現しています。 ’諸星...
アイドルマスター 諸星きらり あんきら!?狂騒曲 ver.
ユニットフィギュア化第4弾は『HappyHappyTwin』。 ステージで元気にパフォーマンスする姿を衣装や小物、アクセサリーに至るまで、ハピハピに再現しています。 ’双葉...

コメント