wf2018s:Part 2 気になったフィギュアたち



今日クーラーと婚姻届出してきた。
difeetだよ。

さて、今日は前回の”wf2018s:Part 1 アイドルマスター系フィギュア特集”に続き、Part2をお送りしようと思うよ。
Part2ではタイトルからもお察しの通り、個人的に気になったフィギュアを見てみようと思うんだ。
とりあえず本編の前に前回のおさらいをしてみよう。

全世界約20億人のPちゃんこんばんは。difeetだよ。さて、今回は毎年恒例、"ワンダーフェスティバル2018夏"で撮ってきたフィギュアたちを見ていこうというお話だよ。たぶん全2話か3話構成で収まるはずな...

今回もあまり写真は多くないけど、刺さる人に刺さればこれ幸いだよ。
ではぼちぼち見てみよう。
Show timeだ

グッドスマイルカンパニー

商品名 木之本桜
発売時期 未定
スケール 1/7スケール
価格 未定
原型制作 佐々木界

風って 鳥って 私より自由なの!
またさくらたんのフィギュアが出るよ!
今回は背景ともマッチして、とても浮遊感あふれる造形となっているよね。

FREEing

商品名 シューティングゲームヒストリカ
R-TYPE ドブケラドプス
発売時期 未定
価格 未定
原型制作 ドラゴンクラフト
制作協力 マックスファクトリー
協力 Rocket
小林和志 (モデリズム)

FREEingさんと聞いて真っ先に思い浮かぶのがバニーフィギュアなんだけど、これも立派なバニー…じゃないよね。
少年時代、このドブケラドプスと一緒に遊んだ方も多いんじゃないかな?
しっかりR戦闘機も付いてるし、ぜひ次回は彩色されたデコマスも見てみたいよね。

ファインクローバー

商品名 ターニャ・デグレチャフ
発売時期 2019年予定
スケール 1/7スケール
価格 未定
原型制作 目出ル金 (ピンポイント)

前回の冬ワンフェスから気になって気になって仕方がなかった、ファインクローバーさんのオッサンターニャちゃん。
今回は彩色展示されて、よりシリアスさが増したよね。
成人ならドスケベに見えるポーズも、カミソリのように鋭い眼差しとワキに抱えた機関銃、そして凹凸のない幼児体型のお陰で一切スケベ要素がないよ!

ワンダフルワークス

商品名 輝夜月
発売時期 2019年02月
価格 未定
原型制作 榊馨
彩色 路川宏之
企画制作 Wonderful Works

個人ディーラーは”SAKAKI Workshops”でお馴染みの榊馨さんが立ち上げた会社、”ワンダフルワークス”が企業ブースに初出展。
おめでとうございます!
ブースではバーチャルユーチューバー、輝夜月のスケールフィギュアと等身大フィギュアが展示されていたよ。
difeetが初めて観たVtuberが輝夜月だったので、これはちょっと嬉しい。
最初観たときは「ぶっ飛んでる」という感想だったけど、今観てもやっぱりぶっ飛んでる、そしてそこがクセになるんだよね。

等身大マシュや等身大レム同様、等身大輝夜月もスケールにたがわぬクオリティだったよ。

フレア

商品名 ヨルハ二号B型 (2B)
発売時期 未定
価格 未定
原型・彩色 吉沢光正 (REFLECT)

今回も長い列を作っていたフレアさんの2Bちゃん。
冬ワンフェスでは装備されていたスカートと眼帯(?)がキャストオフされ、お顔やパーフェクツな四肢がさらされていたよ。
また、海外の方が多く並んでいたのも印象的だったんだ。
発売はまだ未定なので、さらなる続報が待たれるよね。

メガハウス

商品名 キュアブラック / キュアホワイト
発売時期・価格 未定

ふったりっはぁ! プリキュアァァァ!
2018年2月で、めでたく15週年を迎えたプリキュアシリーズ。
その始祖とも言える「ふたりはプリキュア」の主人公、キュアブラックとキュアホワイトが、時を超えて何度目かの立体化だよ。
difeetもPちゃんになる前はプリキュアおじさんだったので、よく(独りで)映画館へ足を運んでは、家族連れに混じって人知れずすすり泣いていたんだ。
ありがとう&あいしてる

EXQ

本編最後は、「西尾維新大辞典 EXQフィギュア ~忍野忍 <忍物語>~」だよ。
こちらは2018年12月下旬よりゲームセンターで登場予定なので、冬のコミケ帰りとかに取っちゃえばいいじゃん。
自分ではあんまり意識していないけど、実は忍大好きなようなのでこれも気になっちゃう…。


さて、お付き合い頂きありがとう。
今回はここらへんで一旦休憩としようよ。
と言うことで、次回へ続くよ。

このお話をシェアする
20:09