リボルブ:ヴィニエイラ様

DSC01523

毎度。
想いよとどけ、キュアdifeetだよ。

ちょっと前に、携帯にお天気アプリを入れたんだ。
もう少し詳しく書くと、携帯のロック画面にお天気を表示させるための設定をしていたんだ。
千葉県でもかなりマイナーな所に住んでいるdifeetは、もちろんロケーションを手動で設定していたんだけど、このロケーション選択画面がどうもおかしい。
千葉県だけおかしいのかと思って、他の県も確かめてみたんだけど、やっぱりおかしい。
特に群馬がおかしい
口で言ってもよくわからないので、スクリーンショットを貼ってみよう。

Screenshot_2014-10-07-20-24-37

下から三段目の項目、なんかおかしいよね。
これおばあちゃんって書いてあるよね。

これにはさすがのdifeetも困惑。
海外アプリとは言え、ちょっとこれは予想外すぎたんだ。
予想外ついでと言う事で、試しにロックスクリーンにおばあちゃんを設定してみたんだ。
その結果。

Screenshot_2014-10-07-20-27-00

18℃…やや低体温のおばあちゃんだね。
果たしてこれが群馬のおばあちゃんの体温か、はたまた気温なのかは推して知るべしだし推して知る事すらかなわないと思うんだけど、もし読者諸氏が群馬に行った際には思い出して欲しいんだ、群馬ババアの事を…。

さて、前フリはここまでとして。
今日話題にしたい事は群馬にいるかいないかわからない群馬バアでも、その群馬バアがやや低体温なんじゃないかとか、そういうことじゃないんだ。
フィギュアのレビューをさせてください。

気を取り直して、今回運悪くdifeetの家に出荷されてしまった、可愛くも可愛そうな娘。
アニメ、世界征服 ~謀略のズヴィズダー~より、ヒロイン?であり世界最強の幼女、ヴィニエイラ様フロムリボルブさんをお届けデリバリーしようと思うんだ。

このリボルブさんのヴィニエイラ様、メガホビEXPOなどのイベントで時々見かけて気にはなっていたんだ。
やはりキャラデザが黒星紅白先生だけあって、もう見るからにフェティッシュの塊なんだけど、リボルブさんのフィギュアに馴染みがないdifeetは少し尻込みしてしまってね。
しかし実際にこの娘が届いてみると、そんな瑣末な心配は吹き飛んだよ。
詳しい話はこれからだ。

商品詳細

■発売元:リボルブ
■発売日:2014年10月
■スケール:1/7スケール (約180mm)
■作品名:世界征服 謀略のズヴィズダー
■原型製作:のぶた (リボルブ)
■彩色製作:星名詠美
■価格:11,880円 (税込み)
■付属品:専用台座 (岩調)
差替えパーツ (星宮ケイトver.)

よーし、ここまで書いてわからないやつぁ帰ってくれよ。
それにもう話が長いからこれくらいでいいよね。
あ、ちなみにレビューは星宮ケイトver主体でお送りするよ。
じゃあいつも通りいっちゃいましょうよ。

いただきBe mine!

まずは全身を

リボルブ ヴィニエイラ様

これこれ、この小ささですよ
最近はもう本当に大きいフィギュアばっかりだったんで、全高約180cmというこの数字に、difeetのこころはぴょんぴょんしちゃう感じなんだ。
そしてこの小ささとクオリティに、一昔前のアルターさんを思い出すよ。
でかいフィギュアが主流(トレンド?)になりつつある昨今、隙をついた小ささと可愛さに思わず食指が動くこの逸品、君もどうだい。

お顔

DSC01903

DSC01897

この自信に満ち溢れたドヤ顔
見ればちょこんと小さなお鼻にV字のお口、紅白先生”らしさ”も十分再現されているよ。

頭周り

DSC01915

DSC01913

DSC01917

髪の毛すごい。
いかにも「風、吹いてるずぇー!」という感じが伝わってくるね。
塗装はパール+薄紫~紫で毛先に向かって徐々に色が濃くなっているよ。
お見事。

ガラクーチカ

DSC01925

DSC01923

ただのぬいぐるみじゃあない、その名をガラクーチカと言う。
劇中ではかなり重要な役割なんだよね。
まだ観てない方はこれを機会に観てみよう。
もう観た方はもう一度観てみよう。
ちなみにこちらは付属品ではないので、取り外し不可だよ。
(背中にはちゃんとジッパーも造形されているよ)

差し替えパーツ

DSC01927

DSC01929

DSC01926

DSC01938

DSC01935

DSC01936

いきなりちょっとショッキングな画でごめんなさいね。
心臓の弱い方は帰ってもらって結構なんだ。

見ての通り左がヴィニエイラ様顔、右が星宮ケイト顔なんだ。
ケイトちゅわんと違って、ヴィニエイラ様は世界征服する気満々な顔だよね。
口も大きく開けて、活発さとイタズラっぽさアップだ。
さらに差し替え顔と一緒に、それぞれの前髪パーツも付属。
ヴィニエイラ様顔の方は、触角(ツノ?)が生えているよ。
(☆は向かって左側にくっついてるよ)

差し替えは、首下のダボを本体にレッツコンバインするだけなんだけど、これはわりとすんなり。
差し替え時に悲惨な事故を起こす心配もなさそうだよ。
あと私事なんだけど、なぜかヴィニエイラ様verの全身ショットが一番良く撮れた気がするんだ…。
ワンショットなのに…。

胴回り

DSC01939

DSC01941

DSC01943

DSC01946

Oheso!!
一目でわかるよね。
今にも消え入りそうなグラデーションのみによって、かろうじてそのディティールを認識できる、このお腹の造形。
こればかりは本当に実物を見て、触って、触って、触って、その見事に緩やかな起伏をその目に焼き付けて欲しいんだ。
それはそうとこれは絶対お腹冷えちゃう衣装だと思うんだ。
ちょっと心配だよ。

DSC01944

DSC01940

DSC01947

まぁいくらドヤ顔してても、胸なんて言えるものは確認できないんだけどね。
むしろ小学生に何を期待しているんだい?
変態さんかい?
変態さんだね。

お前も…俺も!

DSC01951

最後は今にも天使の羽が生えてきそうな背中。
こちらもかなり緩やかな起伏で再現されているんだ。
造形をやったことが無いんでわからないんだけど、きっと難しいと思う、思います。

うで

DSC01956

DSC01959

DSC01960

DSC01961

掌にはズヴィズダーのロゴマークがさりげなく入ってるよ。
塗装はメタリック調なんだけど、ほんとに鉄で出来てるんじゃないかと言うほど素晴らしいクオリティなんだ。
そしてゴッツイ籠手にはモコモコとリボンのモチーフをデコレート。
いわば塩キャラメル、バニラソルト、スイカに塩状態で、お互いがお互いを引き立てあっているんだ。

塗装は全体に紫+パールで、よく見ると部分的にその上から光沢のあるブラックが重ねられているね。
たまげたなぁ。

ドレス

DSC01963

DSC01964

DSC01965

DSC01967

DSC01969

髪の毛と同じく、大きくたなびくドレスが、より一層躍動感を演出しているよね。
自信に満ち溢れたドヤ顔で逆風の中に手を伸ばし、今まさに世界をその手に治めようとしている、そんなイメージ…なのかな!
話を戻そう。

腰両サイドにはアクセントにリボン、ビキニの紐部分にはフリルがあしらってあるよ。
ドレス部分は全体が光沢のある塗装で撮るのに苦労したけど、PLフィルターを使うと思い通りの反射になるから楽しいよ。 (写真撮る人はね)
裏地は大人っぽいワインレッド、陰影で立体感が強調されているよ。

ちょっとわかりにくかったかな。
わかりにくかった…よね!

待たせたな!

DSC02005

DSC02008

勘違いしてもらっては困るけど、これはドレスの裏地をもっとよく見たいという、どこからともなく聞こえてきた読者の声に答えただけなんだ。
お手紙くれたみんなありがとう!

うーん、胸はないけど尻の肉は中々…あ、あぁガラクーチカの尻の話ね
いやーもう躍動感溢れる尻だよね。
もちろんここら辺のクオリティも抜かりなし。
報告終了!

足元

DSC02002

DSC01996

DSC02000

もしdifeetが女だったら、この靴欲しいんだ、割とマジで。
すごいかわいいよねこれ。
左足にはシュシュかな、アクセントのアクセサリが。
ヒールはリボン含め、薄紫の上に光沢のある塗装が重ねてある感じ。
裏側はつま先部分だけならず、全体に赤の塗装がなされているよ。

と、ここまで書いてよくよく本体を見返してみると、ドレスも塗装が重ねてあるね。
部屋が暗くて気づかなかったよ…。
やはりこの小ささでこのクオリティ、至高の逸品だ。

DSC01994

そして最後は台座。
ご覧の通り岩場をモチーフにした台座なんだけど、なんかこれだけ見てると、横からズゴック出てきたり、盛り上がった部分に傷ついたジムが寄りかかってる感じのビジョンがオーバーラップしてしまうんだ、病気だね。
ちなみに左足側のみ鉄製のダボがあるよ。

さて、詳細の紹介はこんなところかな。
あとは言うほどイメージされてないイメージカットでお茶を濁して帰ろうよ。

イメージカット

DSC01523

子供にゃやっぱりビビッドカラーが合うよね。
新しく買ったレザックの一枚目でお茶を濁そうよ。

DSC01630

ガラクーチカはこれくらい怖くてもいいような気がするんだ。
ちょろっといじったモノクロでお茶を濁そうよ。

DSC02041

この背景を作るために造花をいっぱい買ったんだけど、全然足りなかったんだ。
本当はもうちょっと広角で撮りたかったんだけどね。
そこら辺は完成したら撮ってみようよ。
と言う事で未完成な背景でお茶を濁そうよ。

DSC01989

最後はナチュラルに可愛さを引き立てつつお茶を濁そうよ。

という事で、リボルブさんのヴィニエイラ様のレビューでしたーヽ(´ー`)ノ


あとがき

終わったー。
今回はあんまり凝ったイメージカットはなかったね。
それもそのはず、毎回悩みに悩んだ挙句いつもと同じ感じになって、しかも時間をたらふく食うという非効率っぷりのため、まずレビューを完成させることに注力したんだ。
しかも、先にツイッターに上げたカットばっかりだから、画像を見たフォロワーさんの9割から捻りのない野郎だと思われてること受け合いなんだ。

蛇足だけどのこのヴィニエイラ様、ポーズがポーズだけに飾る角度、撮る角度が結構限定されるんだけど、ハマッたときはきっとすごい可愛い画が出てくるよ。
difeetですら可愛く撮れるんだ、君ならきっと、もっといい画を撮れるはずなんだ。
あとズビズバーは変身後の名前がロシア語なんで、タイトル付けるときフォント変換してくれなくてどうしようか大変だったよ。
結局は発音表記に落ち着いたけど。

最後にちょっと気になったんだけど、このケイトちゅわん、フレッシュプリキュアのイース様に似てない?
探してみると、衣装の共通点とか目の色とか、意外と面白いよ。

リボルブ ヴィニエイラ様

DSC09843

まぁ、こんな可愛い子供がこんなおっかない可愛い娘になるわけ…ないよな。


-関連リンク
TVアニメーション「世界征服 ~謀略のズヴィズダー~」公式サイト

リボルブ

■原型製作:のぶた さま (Twitter:@wcaitgearr)

■彩色製作:星名詠美 さま (Twitter:@hosshipocchi)


このお話をシェアする