展覧会:WIT STUDIOアニメワークス展



やってるかい。
difeetだよ。

さて、今回は久々もいいところなんだけど、フィギュアアレビューでもなくお○んぽカメラでもなく、展覧会に行ってきたお話を書こうと思うよ。
何の展覧会かってそりゃあタイトルを見れば一目瞭然だったりするんだけど、WIT STUDIOアニメワークス展に行ってきたんだよね。

ちなみにこの「WIT STUDIOアニメワークス展」の情報をツイッターで見かけたのが2月9日、開催初日だったんだ。
東京まで七つの海と八つの山と九つの都市をまたぎ十の試練を乗り越えて総武本線に乗らなければならないdifeetはちょっと躊躇した。
早い話遠いんだよ

そんな時、ちょうど秋葉原へと行く用事ができてね。
あっ、これはもう行けってことだね」と直感Bが働いたんだ。
やっぱり無名好き、カバネリ好きは行くべきなんだ、WillじゃなくMustなんだよ
まだまだ開催したばかりなので、これから行こうと思っても十分間に合うよ。

と言うことで、開催概要を記しておこう。

イベント名 WIT STUDIOアニメワークス展
開催場所 DNPプラザ内 東京アニメセンター
入場料 無料
開催期間 2月9日~2月26日
開館時間 11:00~20:00 (毎週火曜は休館・休業)

何気に入場料無料ってのがありがたいよね。
東京アニメセンターは初めて行ったんだけど、ちょっとした物販コーナーもあったりして衝動買いも出来る便利な所なんだ。
館内は静かで、物音一つ立てようものなら頭に「」マークを付けたゴルルコビッチ兵がわらわら寄ってきそうな雰囲気だったよ。 (語弊あり)

展示物は「甲鉄城のカバネリ」を中心に、「魔法使いの嫁」や「劇場版 進撃の巨人 Season 2」など、WIT STUDIOさんが手掛けたアニメの原画や絵コンテなどが展示されていたよ。
誤解を恐れずに追記するとすれば、7割ほどは「甲鉄城のカバネリ」関連の展示物だったよね。

また、2月24日にはWIT STUDIOさんのアクションアニメータートークショーなる催し物も企画されているので、狙うならここじゃんよ。

さて、簡単に概要を説明してみたけど、おわかりいただけたかな?
さすがに原画や絵コンテなどの展示物は撮影禁止だったので、撮影出来たモノだけでも見ていってよ。

 

六根清浄!

入って左側にはモニターと、「甲鉄城のカバネリ」キャラのサイン入り等身大タペストリー?が一堂に展示されているよ。
もちろんここは撮影可能。
但し録音、録画は禁止だゾ。

「甲鉄城のカバネリ」に関しては、本年2018年に新アニメが始まる(かもしれない)ので、まだまだ目が離せないよね。
できれば…できればハッピーエンドでお願いします…!

侑那さんとスカリーはスペースの都合上からか逆サイドに行ってるよ。
ちゃんといるから安心してよ。

キャーViva☆さまー! こっち見てー!
マモー!

ということでこちらが一覧。

ちなみにdifeetが行った時間は14:30くらい。
あまり観覧者はいなかったものの、途切れること無く一人、また一人と入場していた感じだよ。
寂しいと思うことなかれ、無名とか菖蒲さまの原画が見放題だよ!
あと生駒とか!

こちらは、暖簾で仕切られた原画展示スペースに入ってすぐに飾ってあるパネル。
「今よ生駒! ドラブシュートよ!」「ウオォォォ! タイガーシュートォ!」みたいな構図になってるけど、この格好は初めて見たな。
立体化しませんかね…。

すぐ横には「ツラヌキ筒の実物大レプリカ」「生駒のメガネ」「ツラヌキ筒の設計図」がショーケース内展示されているよ。

この設計図があれば夜道で不意にカバネリに襲われた時や気に入らない上司の心臓を木っ端微塵に吹き飛ばせるぞ
海外のややクレイジーなギークたちが遊び半分で作らない事を切に願うんだ。

撮影可の展示物最後となるこちらは、「乃木坂46の生駒里奈さんが着用した生駒の衣装」なんだね。
日々デジタルアイドルのプロデュースに勤しんでいるdifeeは、当然ながらリアルでアイドルをやっている「乃木坂46の生駒さん」を知らなかったんだ。
ただ幸か不幸かつい先日、この生駒里奈さんの引退発表のニュースを見てご本人を知ったばかりだったんだよね。

当時は「本当に生駒って名字の人いるんだ」程度だったけど、まさかカバネリとコラボしているとは知らなんだ。
まだまだ功夫が足りないぜ。

と言うことで、気がつけば展示物のご紹介は終わってしまったんだ。
この後は「魔法使いの嫁」や「水曜どうでしょう」の原画などの他、「甲鉄城のカバネリ」の絵コンテコーナーがあったんだよね。
特に絵コンテは細かい指示だったりSEのタイミングなどが事細かに書き込まれていて、素人にはとても新鮮だったよ。
「あのシーンのアレか!」みたいな。
壁反面に敷き詰められて展示されているので、その数は優に100枚を超えるんだ。

とりあえず入場無料だし、是非足を運んでその目で見て欲しいよね。
 

あとがき

フイー。
今回はわりとあっさりめに終わらせたよ。
いやー、展覧会があってもタイミングが合わなかったり遠かったりで中々行きづらいけど、結果として行ってよかったよ。
そして簡潔にお話が書けてよかった。
2月中に一本記事が更新できてよかった…だって今週末はワンダーフェスティバル2018 冬だからね
もう自宅でぬくぬくとフィギュアレビューしてる暇なんてあると思うなよ。

今回difeetは3年ぶりくらいにダイレクトパスが当たってね。
先日発券してみたら、見事01xx番だったんだ。
もう買えないものはないくらいの自身なんだけど、逆に欲しいものが多すぎて何も買わないかもしれないんだよね。
選択回避の法則ってやつよ。

記事に出来ることも3つ4つあるんだけど、来週からしばらくはwf2018wの記事で手一杯になりそうだよね。
当日はどうやら雪も降らなそうなのであとは体調管理だね、俺もお前も。

グッスマ無名も買ったのにしばらくレビュー出来ないのがツライさんなのだ…


関連リンク
  WIT STUDIO
  東京アニメセンター in DNPプラザ
「甲鉄城のカバネリ」公式サイト

このお話をシェアする