閑話休題:フォトショでお色直し

フィギュア 撮影 フォトショ

花粉症のせいで陸で溺死しそうになるこの頃。
difeetだよ。

さて、今回は少し趣向を変えて、フィギュアたちの写真で遊んでみよう、という企画だよ。
企画と言っても注文したラーメンが目の前で作られるようなものではなく、出来合いのカップラーメンのようなものかな。
つまりはすでに出来上がっているもののまとめ的なものだよね。

と言う事で、今回はフィギュアの写真をフォトショでカラーチェンジさせて遊んでみたよ、というお話。
なにせまだまだフォトショのフォの字を知ったくらいなので、枚数は少ないけどね。
時間もかかるし手間もかかる、だが面白い。

Show me

音楽性も色も違う! 多田李衣菜


初めてこの…何ていうの、スライドして画像切替えるやつ使ったんだけど、面白なこれ。

ひとまずその話は置いておいて、まずはロック界のリトルスター、多田李衣菜ちゃんだよね。
特に意味は無いけど、緑色にカラーチェンジしてみたよ。
ついでに髪色と瞳の色も変えちゃえ。

突拍子もなく緑色にしてみたけど、やっぱりだりーはクールな青が似合うね。
でも髪色を黒っぽくしたら、何かまこりんこと菊地真くんに見えてきたんだ…

俺が牛ならマタドールそっちのけ! 神崎蘭子


ちょっとサイズがズレちゃったごめん。
お次はいつも闇に飲まれてる神崎蘭子ちゃん。
ドレスを赤に、バラを青にカラーチェンジしてみたんだけど、予想以上に似合っているような気がするよ。
背景や衣装を明るめの色で揃えれば、もしかしたらかなりポップなイメージに仕上がるかもね。

蛇足だけど、「これもしかして衣装を肌色にカラーチェンジしてアレをアレしたら…」なんて考えていたけど、どう考えてもスキルレベルが足りないしそれは神をも恐れぬ所業となること請け合いなので、フォトショをそっ閉じしたよ。
とりあえずペンタブを買ってから考えることにするよ。

どっちも公式髪色! ギャル子ちゃん


かなりタイムリーにレビューをお届けした、スケールのギャル子ちゃん。
それこそ先日のワンフェス限定版とかで原作カラーが出ていたら、脇目も振らずにむしゃぶりついていたよね。
惜しむらくは、パンツを赤にしなかったことくらいかな。
あとは肌をちょっと小麦色にしてみてもよかったかも。

ここらへんがまだまだ修行不足なんだよね。

すべてはここから始まった! ねんどろいどギャル子ちゃん

さて、そもそもなんで色なんて変えようと思ったのかというと、やはりきっかけはギャル子ちゃんなんだよね。
原作とアニメで髪色が全く違うので、せっかく立体化されたならどっちの髪色も見てみたくなるじゃない。
と言う事で一念発起、ネットを調べたり、魔術師と呼ばれる某動物の人に教えてもらったりして、なんとか形にすることができたんだ。

このねんどろいどギャル子ちゃんが最後となるので、素材状態~完成までをちょっと見てみよう。

まずは白バックで撮影。
初期状態では支柱が写っていたり、完全に白じゃなかったりと、言ってみれば至って普通の写真だよね。

第二段階では邪魔だった支柱、そして影を取り払ったよ。
ついでに腕の可動部の隙間も埋めちゃおう。

ちなみに、この時点で右手のハイライトが強すぎてクイック選択した際に引っ張られ、気付かずに消してしまったんだ…。
これが仕事だったらクビが飛んでいたね

この時点で一度比較してみよう。


わかりやすなぁ、これ。
ではいよいよ髪色を変えてみよう。

フィギュア 撮影 現像ソフト

どうでしょう。
強いて言えば、シャドウ部が色破綻寸前でちょっと不自然かな。
向かって左足の内側も少しジャギってるのも気になるし。

当時はこれで一度完成ヤッター!みたいになったんだけど、やっぱり粗がわかっていると修正したくなっちゃうんだよね。
と言う事で反復練習にもなるし、一からやり直し。

フィギュア撮影 Photoshop

ようやく完成!
毎日練習して、少しづつ修正を繰り返し、ようやっとできた!
最終バージョンで修正したことは、

○向かって左手のハイライト消失
○向かって左足の付け根にあった可動部を消した
○もちろん内側のジャギもスムーズに
○向かって右足の靴下上部分の塗装ハゲを補完
○眉毛・まぶたの色を髪色と同じに
○髪色を紫一色ではなく、毛先に向かってグラデーションに
○ちょっと肌を小麦色にして健康的なエロさを追加

などなど。

以上を踏まえた上で、髪色を変えたバージョン同士を比較してみよう。


たーのしー!
比較してて思い出したけど、髪の毛のハイライトもフォトショで意図的に変えた(気がする)よ。

では最後に、素材と最終バージョンを比較して見てみようよ。


もはや別パーツ買ってこいよって感じだよね。
造形の腕があればこうギャリギャリ削ったり盛ったりして作れるんだけどね。
今のdifeetには、これが精一杯なんだ。

あとがき

さて、久しぶりに雑談したね。 (一方的に)
フォトショを使えない頃は、「エフェクトなんて使えなくてもどうにかしてやるぜ! 物理的に!」なんて思っていたけど、いざ理解し始めると、「アドビさんお金足りる? 新機能期待してるよ!」という、凄まじい手のひら返しをしたよね。
使えて損はないツール…中々稀有だよ。

最近は色変えだけじゃなく、というか色変えから派生して色々といじっているけど、なんとも奥が深い。
未だに玉ボケを追加したりとか炎エフェクトとかはできないけどね。
必要ならどんどん勉強して、もっと自由に写真と言うものを楽しんで行きたいよ。

という事で本日はこの辺でお暇しましょうか。
ちなみに次回の予定は…

アルター セイバー オルタ フィギュア

いよいよこいつの出番。
と言ってもまだこの写真しか撮っていないので、ご紹介できるのは少し先になるかな。
では、また会いましょう。

このお話をシェアする